三浦バイオマスセンターでは、農林水産大臣登録肥料“Mバイオたいひくん”を製造・販売しております。詳細はお問い合わせ下さい。

三浦地域資源ユーズ株式会社の設立と事業の着手

1.「三浦市地域再生計画」の認定と「三浦市バイオマスタウン構想」の公表で会社を設立
(1)平成15(2003)年10月、国が内閣府に「地域再生推進本部」を設立したと期を一にして、三浦市内では商工会議所・三崎水産物協・三浦市等によって「三浦地域再生研究会」が発足し、以降様々な地域再生案を議論してきました。

(2)一方国では、環境重視の時代に対応するため平成14(2002)年に「バイオマス・ニッポン総合戦略」を閣議決定し、その制度として「バイオマスの環づくり交付金」等がつくられたり、また「地域再生法」が施行されたりしました。そこで研究会の議論を踏まえて三浦市が「三浦市バイオマスタウン構想」と「三浦市地域再生計画」にまとめあげ国に提出したところ、前者は平成17(2005)年3月に農林水産省の公表を受けて交付金制度を活用できることになり、後者は同年7月に内閣府の認定を受けることができました。

(3)三浦市は財政力が弱いため、昭和46・47年度で建設し、これまでし尿・浄化槽汚泥を処理してきた衛生センターの老朽化が著しいにも拘らずその建替えもままにならず、市政にとって永年の課題となっていたのです。
しかし、この交付金(施設建設費の1/2の交付率)は民間会社も利用できる制度であったことから、「この際新会社を設立し、この会社が市に代わって衛生センターの代替プラスαの施設をつくろう!」とハズミがついて、平成18(2006)年7月に、民度の高い第3セクターとして三浦地域資源ユーズ株式会社が設立されたのです。

(4)従ってユーズ鰍ヘ、前述の市の構想と計画を実現化する会社で、当初は16団体の出資(1口=5万円=出資総額3000万円)によって設立され、翌春の増資を経て現在は、28団体で出資総額が5030万円(市の出資比率=19.9%)の会社です。

2.プロポーザル方式と関係法令手続きなどを経て本施設を建設
  (1)会社設立直後に当社では、「(仮称)三浦バイオマスセンター施設(以下「本施設」という。)の整備・運営事業」をプロポーザル方式によって進めることになり、その実施要領をはじめ必要な要項・要求水準書等々をインターネット上に公表し、その条件下において「建設費」と「施設の本稼動から15年間に亘る運転管理受託費」を包括してプロポーザル提案をするように広く公募したのです。

(2)その結果、平成19(2007)年1月に6つの企業グループから提案が寄せられ、これを当社の審査委員会において総合審査を行った結果、三造環境エンジニアリング株式会社(のちに三井造船環境エンジニアリングKKと改称された。以下「MKE」と略称する。)のグループが第一交渉権者に選ばれ、4ヶ月半に亘るMKEとの交渉の結果、同年6月に双方で事業契約書等の締結に至りました。

(3)プロポーザル方式を採用したことによって、提案企業間で競争原理が働いたため、結果的に建設費は、本施設づくりの前身となっていた平成17年度の「資源循環型エネルギーセンター事業調査」で想定していた額よりも大変大幅に低いものとなり、その意味でプロポーザル方式の大きな効果が生まれる結果となりました。

(4)一方、本施設の建設予定地を確保するため三浦市では現在の衛生センターの西隣接台地の用地取得とそれに伴う関係法令手続き及び地元自治会等への同意とりつけ等を推進。
 また当社では、生活環境影響評価調査の実施や一般廃棄物処理施設設置許可申請等の「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」をはじめとする関係法令手続きを進め、パートナーであるMKEでは基本設計から実施設計に入り、3者が協力して数次に亘り地元の3区(自治会)住民説明会の開催等を進めました。

(5)以上の経過を経て、平成21(2009)年5月11日の県知事の施設設置許可日に本施設建設工事を着工し、平成22(2010)年5月に本施設は完成し、6月〜9月にかけて試運転を行い、性能を確認した上で、県の使用前検査等を受けました。

3.上記の県の許可を受けたのちの平成22(2010)年11月から本(営業)稼働を行なっています。
   本施設は、処理棟・堆肥棟・管理棟の3つの建物とメタン発酵槽やガスホルダー等の構造物から成っています。

三浦地域資源ユーズ株式会社
代表取締役社長 寺 本 紀 久

三浦地域資源ユーズ株式会社の概要
商 号 三浦地域資源ユーズ株式会社
資本金 5,030万円(設立時資本金3,000万円)
設 立 平成18年7月19日
株 主 三浦市、三崎水産物協同組合、三崎魚類株式会社、三浦市超低温冷蔵株式会社、京浜急行電鉄株式会社、株式会社NTTファシリティーズ、東京ガス株式会社、株式会社横浜銀行、みうら漁業協同組合、三浦市農業協同組合、三浦商工会議所、かながわ信用金庫、湘南信用金庫、株式会社神奈川銀行、有限会社三浦衛生社、有限会社守谷園、株式会社ヘリオス、株式会社シー・ユニオン、株式会社四季の自然舎、株式会社山星船具店、株式会社三浦海業公社、協同組合みさきまぐろ倶楽部、株式会社鈴木水産、有限会社高梨商店、有限会社阪本伍一商店、有限会社清水商店、有限会社丸清製麺、三井造船環境エンジニアリング株式会社
主要業務 三浦バイオマスセンター施設の整備・運営事業
所在地 〒238-0105 神奈川県三浦市南下浦町毘沙門2,305番地6
TEL 046-881-0030
FAX 046-881-0038
E-メール shigen-use@utopia.ocn.ne.jp



 三浦バイオマスセンターの概要をご紹介します。

紹介ページへ

視察申込書ページへ

肥料申込書ページへ

大災害地域支援計画書ページへ


決算公告

H27年度

H26年度

H25年度

H24年度

H23年度

H22年度


 当社がプロポーザルを行った際の資料です。

<公表画面へ>